防草シートを太陽光パネルの下に

このところ太陽光発電の需要が増えたため、各地で太陽光パネルの設置工事が増えています。
太陽光パネルは、野立ての方法と建物の屋根部分に設置する場合が殆どですが、弊社に関係する設置工事は野立ての場合になります。
さて、野立ての太陽光パネル設置工事がどうして弊社に関係するのかといいますと、パネルを設置した場所の防草対策のために資材をお渡ししているためです。
防草対策の資材といいますのは、「防草シート」になります。
このシートは、地面に敷くことで雑草が光合成を行えずに生育することができないので、敷いた場所を綺麗にしておくことができます。

太陽光パネルは、電流が直列のため伸びた雑草などがパネルの同じ場所に影を長時間落としていると故障してしまうので、太陽光パネルの周囲には雑草を生やしてはならないのです。

よって弊社にてご用意している豊富な防草シートの中から、現場の状況に合ったものをお渡ししております。

時々、太陽光パネル下の周囲に防草シートを敷いていない現場をみかけますが、こまめに除草作業ができない場合は、シートを敷かれることをお勧め致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>