防根シート

防根シートは、樹木の根の進行を制限するシートです。
主な使用場所は、街路樹、庭の境界、その他植木の周囲に使用します。

使い方は、植木の周囲を防根シートの幅分垂直方向に掘り設置し埋め戻します。
植木の周囲に使用する場合には、合わせ目を専用のテープ等で貼り合せるようにします。

防根シートにも、弊社で取扱いのあるものには2種類あります。
1.水を全く透さないシートで防根するタイプ
2.水は透すが、植物の根が嫌う薬剤をシートに付着させて防根するタイプ

1の水を透さないタイプの防根シートで制限できないパターンは、根が地上に出てこないように水平方向施工するということです。
あくまでも垂直方向の根域制限ということになります。

2のタイプは、薬効の効果がある程度したら無くなるということです。

現場の状況により2種類の防根シートからお選び頂くことになります。